浸透力で色白美肌と言われる秘訣はコレを使っているから

B.Aセラムレブアップとは化粧品メーカー大手のPOLAから発売されている美容化粧品です。POLAの中でも最高級・高品質と言われているシリーズのブランド「B.A」。そのシリーズの中ら2016年8月19日にこちらの美容液が発売となりました。1985年のブラントが立ち上がったB.A」シリーズ。ネームバリューと口コミの良さから、各化粧品雑誌のVoCEや美的などの賞も複数受賞。雑誌だけではなく様々なメディアからも取り上げられています。特にMAQUIA では、有名美容家やライターなどの専門家からのレコメンド情報が掲載。B.Aセラムレブアップが高く評価され、モデルやタレントなども愛用している商品として広く知られています。お肌のくすみ・乾きを防ぎピチピチとしたお肌に導いてくれる逸品。ハリ感のなかったお肌が見違えるような若々しい状態になり、30代特有のお肌の悩みも解決。お肌だけでも20代に戻したい、戻りたいなら高級エステでお金を使うのではなく新感覚を感じることのできるこちらの美容液を試してみてはいかがでしょうか。商品の価格は40mlで13,500円とPOLAの中でも少々お高めではありますが約平均して2ヶ月使用できると計算すると、コストパフォーマンスは納得いただけるかと思います。
B.Aセラムレブアップの主な特徴として、まずお伝えしたい点は抜群の浸透力です。20代後半から30代になると10代や20代前半の時には感じたことのなかったようなハリ不足やカサつき、冬場の乾燥した季節特有のゴワつきなどが頻繁に感じられるようになると思います。ですが、こちらは人間の肌に誰でも備わっている自浄サイクルの機能、よく肌のターンオーバーと言いますがそれに着目し製造をしています。こちらは「スピーディーバイオアクティブ」という理論なのですが商品製造のため研究に研究を重ね商品化が実現しました。日々の生活の中で朝の洗顔後や入浴後に使用するだけで、お肌のターンオーバーを促し10代や20代の時のように活発に活性化を促す成分が配合されているのです。また、お肌が活性化されていくことにより肌内部まで成分がいきとどき、どんどんと浸透力がアップ。日々活性化されていくたびにハリとツヤが広がるようになっていきパールのような白くてツヤツヤとしたお肌を手に入れることができます。
実はこんな効果の秘密は配合成分にあります。はずむようなハリのあるお肌を作り上げるPOLAオリジナルで製造された複合成分である「SBフレッシュ-R」と「スギナエキス」。お肌の糖化に効き目のあるとされる「YACエキス」、「EGクリアエキス」。若々しさの象徴ともいえるみずみずしさを作り持続させることのできる「ダーマルプロテクトポリマー」。お肌本来の活性化ターンオーバーが年齢とともに衰えるのをサポートしてくれる「アルニカエキス」。こんなお肌に嬉しいことだらけの成分が豊富に含まれています。また、成分が多いと気になりがちな香りですがグリーンフローラルのさっぱりとしたフレグランスとなっています。従来のB.Aベーシックラインにはなっかたような濃厚さとキツさはなく日々使っていて不快感の全くない仕上がりですす。
私が使用してみて特に感動した点は、糖化ケアをしっかりとしてくれるところです。お肌の糖化とは、30代になれば誰しも起こることと言われていますが、私の場合は20代後半でその老化現象が見られました。最初に異変に気がついたのは去年の冬。乾燥しているのでしっかりと保湿して就寝したのですが朝起きて洗顔後に鏡を見ると黄ぐすみが出ていて慌ててしまいました。炭水化物や糖分を摂取しすぎるとなりやすいと言われていますが、その後両方を控えても以前の肌に戻ることはなくなってしまったのです。内側からの調整・メンテナンスでは効果がでないと感じB.Aセラムレブアップを使い始めました。
こちらはパッケージングは斬新なデザインながらも機能はポンプ式で、適量がワンプッシュで出てきてくれるため非常に便利。軽く手のひらにワンプッシュしてから全体に優しく手のひらで伸ばし使用しています。乾燥が気になっても大量にベタベタと使用する必要はなく、少量でも伸びが良いため全体に広がります。ですが私の場合はお肌の糖化が目立つため、特に気になる部分には寝る前に2度づけするようにしています。最初に使用した際はサンプルで少量だったのですが、思い描いていた以上に軽いつけ心地でした。化粧水と乳液のちょうど中間のようなテクスチャーを想像し少し重めなのかと思っていたのですが、肌触りがすぐにすべすべになり、つけ心地が軽く驚きでした。すぐに乾燥してしまうお肌なため保湿が持続しないのかと思いましたが、しっかりとしっとり感が1回使っただけで感じられました。これはかなり保湿が長続きしそうと期待し購入。今では1年愛用していますが、これからもヘビロテ確定な商品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする