b5f4bcfe3367dae19ddfadd84480b91c_s

冬が近づくと、気温と湿度が下がり乾燥肌になると言う人が多いです。

気温の低下により、血行が悪化し栄養が身体の隅々に届かなくなり基礎代謝が落ちる事で肌荒れを起こすのです。

 

また湿度が下がる事で、水分が皮膚から奪われ乾燥肌を起こします。

%e6%9a%96%e6%88%bf

夏は気温の高さから薄着となり、その影響で適した気温や湿度が上がるのです。

冬の気温は逆に厚着となるため、適した気温や湿度が低くなります。

この肌によい気温と湿度は、一般的に人が過ごしやすいと思う気温と湿度と同じなのです。

 

寒い冬に過ごしやすい気温をキープするためには、暖房は欠かせません。

しかし暖房の使用は、人にとっての適温をキープする反面乾燥肌を促します。

 

冬は発汗や皮脂の分泌が低下する乾燥しやすい条件にあります。

そこに暖房が加わる事で乾燥を促進させてしまうのです。

 

冬の寒さを乗り切るためには、暖房は不可欠です。

必要だからこそ、上手な暖房利用が必要になってきます。

%e6%9a%96%e6%88%bf%ef%bc%92

適度な気温で皮膚が乾燥するのは何故?

暖房器具の中で良く利用されるものにはエアコンがあります。

エアコンは暖かな空気を風で送り出し室内を温めるため、洗濯物が乾きやすいです。

同様に、私達の身体から水分を奪い乾燥させてしまうのです。

 

また、暖かい空気は天井そばに、冷たい空気は床近くにとどまる性質を持ちます。

そのため暖房により気温が上がっても足元が冷えたままなのです。

 

足元まで温めようとすることで、急速に温度を上げると、今度は湿度が急激に低下してしまいます。

部屋は暖かくなり血行は促進されるものの、湿度が下がるため皮膚は乾燥してしまうのです。

湿度を低下させず暖かさを感じるために

ホットカーペット・電気毛布・コタツなどが効果的です。

しかし、熱源に近いため肌に直接影響を与えてしまいます。

長時間の利用は身体の内側・外側双方の水分が奪われてしまうため注意してください。

%e6%9a%96%e6%88%bf3

 乾燥肌を防ぐ暖房の使い方

寒さをとるか乾燥をとるかを考えれば、暖房での乾燥は仕方がないとなってしまうのが殆どでしょう。

 

しかし、エアコンは日々多機能になっており、様々な調整が可能になっているので上手に利用しましょう。

・使用時間と温度は細かく調整しよう

エアコンには様々な機能がついています。

温度の調整やタイマーでの時間設定などが可能です。

 

快適な室温は個人によって変化しますが、環境省が推奨するエアコンの設定温度は20度です。

日頃利用している設定温度が高すぎてはいないか?一度確認してみてください。

 

また、晴れた日、気温の高い日中、調理時の調理熱で室温が上昇しているときには、エアコンを切ってみるのも良いでしょう。

朝つけたら1日中つけたままでいるのではなく、意識的にエアコンを着る時間を作ってみてはどうでしょうか?

 

同様に電気毛布は寝るまでに布団を温めるために利用し、就寝時は電源を切っておきましょう。

コタツの長時間使用も、肌の水分蒸発を促しますので、適度に電源を切ってください。

 

近年、エアコンを1日中利用しているのと、オンオフを繰り返し利用とで電気料金があまり変わらないと言われています。

 

「電気料金が変わらず、快適な気温で過ごせるならば」と、1日中エアコンを利用する人も増えています。

 

しかし、肌に与える影響は大きいです。

お肌のためにも、小まめな温度調整を再度考え直してはいかがでしょうか?

・加湿を工夫する

暖房器具を利用する際に、加湿の併用もお勧めします。

これは、暖房による湿度の低下を補うだけではなく、湿度の上昇が体感温度を上げると言うメリットがあるためです。

 

加湿器がない場合は、濡れたタオルを数枚干しておく・観葉植物を置くことで加湿効果を促す事が可能です。

 

加湿効果を確認するためにも、温度計・湿度計を持っておくと良いかもしれません。

そうした機能を持つ目覚まし時計も手ごろな価格で販売されていますので、一度探してみてはいかがでしょうか?

%e6%9a%96%e6%88%bf%ef%bc%94

冬の乾燥肌トラブル【予防と対策】

暖房器具を利用する際には、日常生活で皮膚を守ることが必要です。

 

冬の刺激は乾燥肌の敵?

刺激の多いものは、なるべく避けた方が良いでしょう。

・衣類等は木綿性のものが最も肌に優しいです。

・お湯を使う際には、42度以上の高温を避けましょう。

・食事も刺激の多い辛いものなどは、腸に負担をかけてしまいます。

 

適切なスキンケアも忘れずに行ってください。

乾燥肌には保湿クリーム等を利用し皮膚の潤いを保ちましょう。

 

顔だけでなく、すね・かかと等の皮脂が少ない部分への気遣いも大切です。

乾燥を放置しては炎症の原因となってしまいます。

 

炎症が酷くかゆみが伴う場合には、自分で判断を行わず皮膚科に受診下さい。

早い段階での治療が早期回復にとって重要です。

また、かゆみが無くなるまでは爪を短く切っておくことも大切です。

まとめ

冬の寒さと乾燥は、肌に負担を与え時にはかゆみ炎症を伴いイライラの元となってしまいます。

それだけでなく日照時間が短く、体内時計がくるいホルモンの分泌量が低下し、鬱状態に入りやすいのです。

 

冬の乾燥肌のあなたは、ゆっくりと自分を見つめなおし心も身体も癒すチャンスなのかもしれません。

 

自分のために美味しく栄養のある食事をする。

自分のために穏やかな時間を演出する。

自分のために楽しい映画を見る。

自分のために心地よい環境を作る。

 

肌ケアは面倒ではなく、自分の過ごしやすい時間と空間を作るためと、冬の楽しみの一つにしてみてはいかがでしょうか?