%e6%9a%96%e6%88%bf%ef%bc%94

乾燥肌対策として、一番に気になるのは保湿と言う人が多いと思います。

しかしそれでは根本的な解決にはなっていません。

肌にとって大切なのは「乾燥しない肌」を作る事です。

乾燥肌に関わらず、バランスの良い食生活は大切です。

また、乾燥を促すような食の機会を減らす事も大切になってきます。

極度に偏った食生活は、栄養不足や身体に悪影響を与えてしまうのです。

食べ物が与える肌への影響

偏った食生活により栄養が不足することで、肌に悪影響を与えてしまいます。

・基礎代謝の悪化

・体内環境の悪化

・保湿成分の不足

基礎代謝の悪化によって、肌の表面を守る皮脂分泌が減少します。

それにより肌が乾燥し、潤いが失われてしまうのです。

しかしこの基礎代謝が正常に働いていたとしても、栄養が不足してしまうと保湿成分が作られず乾燥肌に陥ってしまうのです。

これを食べると肌に良いではなく、バランスの良い食生活が大切なのです。

肌に悪影響を与える食べ物

カフェインの含まれたもの

血管収縮作用

カフェインには神経を興奮させ、体内の血管を収縮させます。

収縮による血流悪化は、基礎代謝の悪化にも繋がります。

カフェイン中毒

カフェインを大量に摂取することで、中毒症状が起きる場合もあります。

その状態になると、カフェインが切れる事でイライラが高まりストレスを感じるようになるのです。

タバコによるニコチン中毒と同様の事がカフェインにも発生するのです。

睡眠の質が低下する

カフェインは神経を交付させるため、眠りにくい状態になります。

良い肌を作るには睡眠は大切です。

質の高い睡眠は肌に必要とされる成長ホルモンを分泌されます。

そのため夜、睡眠前にはコーヒーは飲まない方が良いでしょう。

カフェインが含まれる飲食物

コーヒー・玉露・栄養ドリンク・抹茶・ココア・チョコレート等です。

またコーラは、100mℓのカフェイン含有量は高くはないのですが、ペットボトル1本分となるとインスタントコーヒー一杯分の含有量と変わらなくなります。

スナック菓子やファストフード

うまみ成分として油分や塩分が多く含まれています。

満足感が大きく忙しい日常に欠かせないと言う人も多いです。

しかし、多量に摂取することで基礎代謝に悪影響を与えます。

油分

良質の油は腸の働きを活性化させ、腸内環境を改善させます。

良質な油は肌に潤いを与える等の美肌効果があるのです。

しかし、スナック菓子やファストフード等で利用される油は酸化したものが多いです。

また調理後すぐに食べる訳でもないため、食べ物に付着した油の酸化もどんどん進みます。

酸化した油は過酸化物質が含まれており内臓に負担をかけてしまいます。

内臓の働きが弱くなることで、栄養の消化・吸収が上手くいかないため、肌トラブルの原因となります。

塩分

塩分の効いたスナック等を食べる事で喉が渇きます。

これは塩分の多さが原因になります。

塩分を大量にとる事で、塩分濃度を下げるために身体が水をためむくみの原因となるのです。

また塩分を多く取る事で甘みにも鈍感になります。

そのため、塩分・糖分双方の取り過ぎに繋がるため注意が必要です。

ケーキをはじめとする甘い菓子類・清涼飲料水

糖分が多いものは、体内環境に悪影響を与えます。

体内のタンパク質と、糖質が結びつき体温で温まる事で、糖化たんぱく質が生成されます。

糖化が起こることで、肌の細胞やコラーゲンが硬化するのです。

それにより

・肌のたるみシワの原因

・肌の水分量減少による乾燥肌

・基礎代謝の低下

・肌透明感の喪失

などの影響が置きます。

また脂肪分が多い食品は、腸内環境の悪化につながり活性酸の増加・ドロドロ血液の原因となります。

活性酸素の増加、肌の老化を促進につながります。

ドロドロの血液は、血流低下からの基礎代謝低下にもつながります。

砂糖には、肌に必要なミネラル等が含まれる場合もあります。

必ずしも摂取することが悪いと言う訳ではなく、付き合い方が大切と言えます。

まとめ

自炊を行いバランスの良い食生活を行うと言う事は、手間も時間もかかるため困難です。

だからこそ毎日の習慣として意識し、改善していくことが必要です。

自己改善をおこなおうと言う意志を強くもたなければ難しいです。

しかしそれは、ストレスの原因となり再び肌に悪影響を及ぼす場合があります。

まずは、出来る事を無理なく実行することから始めてみてはいかがでしょうか?