a47850d9b5cd66207893bc72ff27e20d_m乾燥肌によるかゆみの対処方法をお探しですね。

冬場など空気が乾燥する季節や、お風呂上りなどに腕や足、お腹などが無性にかゆくなってしまうことがあると思います。

 

我慢できずに掻いてしまうと、肌が傷つき余計に症状が悪化してしまうことも・・・。

そうならないために、ここでは下記の要望に応えた内容をお届けします。

 

・乾燥肌がかゆくなる理由

・乾燥肌のかゆみに効く対処方法

・土日祝日でも診療しているクリニックの見つけ方

・乾燥肌以外の原因

 

乾燥肌のかゆみ対策の全方法と、かゆみの原因について詳しく解説していきましょう。

これで乾燥肌のかゆみとはおさらばです!

1.乾燥すると肌がかゆくなる理由

私たちの皮膚表面は角質層という層に包まれており、角質層は主に角質・皮脂(脂質)・水分の3つによって構成されています。

 

乾燥肌の軸である皮膚内部の水分は、角質同士をつなぐ脂質(角質間脂質/セラミド)によって維持されているのです。

 

角質→死んだ細胞で角質層の主成分

皮脂→角質同士をつなぎ、肌内部の水分を維持するための脂質

 

皮膚の構成図はこのようなイメージです。

%e4%b9%be%e7%87%a5%e8%82%8c%e3%81%8b%e3%82%86%e3%81%bf1

乾燥肌とはさまざまな理由によって、肌の皮脂分泌量や脂質が減少し、内部の水分量が少なくなっている状態です。

 

この状態になると、肌を守る膜(角質層)が薄くなってしまい、服の繊維や空気など外部からの刺激に対して敏感に反応するようになります。この刺激に対する過敏反応が、乾燥肌特有のかゆみです。

2.乾燥肌のかゆみを抑える全方法

乾燥肌のかゆみに対する対処は、大きく分けて以下のような方法に分かれます。

 

・市販薬品および化粧品の利用(乳液・化粧水など)

・皮膚科を受診

・環境対策(乾燥防止・保湿対策)

・肌への刺激が少ない洗顔料やボディソープを選ぶ

・肌の新陳代謝を高める

 

この中でもっとも即効性が高くオススメなのは、皮膚科の受診です。

当たり前だろうと思われるかもしれませんが、乾燥肌のかゆみをすぐに何とかしたい場合、即効性のある治療薬は処方箋でしか入手できません。

 

法律によって一般の薬局(ドラッグストア)では販売できないのです。

しかし、仕事や学校などで、平日は皮膚科を訪問するのが難しいという人も多いでしょう。

 

2-2.土日対応している皮膚科の探し方

近頃は土日や祝日であっても、診療しているクリニックや皮膚科が各地にあります。

皆さんの近所に土日対応の皮膚科があるかどうかは、以下のようなサイトで検索が可能です。

 

基本的にどのサイトも機能性や利用法は変わりませんが、エストドックとホスピタは直観的に使えるため、非常に分かりやすく感じます。

 

エストドック(全国/条件設定で皮膚科以外も検索可能)

%e4%b9%be%e7%87%a5%e8%82%8c%e3%81%8b%e3%82%86%e3%81%bf2

病院検索ホスピタ(全国/診療科目・エリア・診療日(曜日)から条件設定可能)

%e4%b9%be%e7%87%a5%e8%82%8c%e3%81%8b%e3%82%86%e3%81%bf3

お医者さんガイド(全国/地域から診療科目・曜日などの条件指定で検索可能)

%e4%b9%be%e7%87%a5%e8%82%8c%e3%81%8b%e3%82%86%e3%81%bf4

病院ナビ(全国/予約方法から細かな条件を設定して検索可能)

%e4%b9%be%e7%87%a5%e8%82%8c%e3%81%8b%e3%82%86%e3%81%bf5

市販の薬や漢方薬などでかゆみが収まらなかったけど、平日は皮膚科に行く時間がないという人は、上記のサイトで近所にある土日診療を行っている皮膚科を見つけ出してくださいね。

 

2-3.乾燥肌のかゆみにオススメの化粧品

かゆみは気になるけど、皮膚科に通うのは面倒くさいという人も多いと思います。

市販のかゆみ止めは、3~5日ほど継続して使用することで効果が得られる商品が多いです。

 

数多くある乾燥肌用のかゆみ止めや化粧水などから、とくにオススメの商品をご紹介していきましょう。

 

2-3-1. オールインワン系化粧品

あれもこれも付けるのは面倒だから、乾燥肌やスキンケアなどをすべて1本にまとめたい人にはオールインワン化粧品がオススメです。

 

オールインワン化粧品のメリットは、乾燥肌や敏感肌、保湿などさまざまなケアを1本で補えることです。

一方で、特定の症状に特化して考えられていないため、1つの症状に突出した化粧品や薬品には劣る傾向があります。

 

またどのような化粧品でも、肌との相性によっては浸透しづらいものもあるため、いくつかのオールインワン化粧水を試してみることをオススメします。

 

通販化粧品はトライアルセットを販売しているところも多いので、自分に合った商品を探すときはトライアルセットを利用するといいでしょう。

 

下記はオールインワン化粧水の中でもオススメで、なおかつトライアルセットが用意されている商品です。

 

2-3-2.フィトリフト トライアルセット 1980円

クリームタイプのオールインワンジェル「フィトリフト」

フィトリフト

ひとつで化粧水・美容液・乳液など乾燥肌・オイリー肌・かゆみなど、肌のさまざまな悩みに対して効果が期待できる成分が含まれています。

2-3-3.フィトリフトの評判

フィトリフトの評判は主に概ね良好な意見が多い一方で、肌に合わず浸透性もイマイチという意見もありました。

 

ジェル自体の触感としては個人差がありますが「しっとりとべたつきの間」と例える人が多く、中にはベタついているだけと答える人もいます。

 

とくに夏場や初冬のスキンケアとしては、手軽で人気が高い商品です。

一方、真冬など本格的に肌へのダメージが気になる時期には少し物足りないかも?と感じている使用者も多くなっています。

いい評判

・使い始めてから肌のツヤハリが出てきたように感じる

・しっとりとして伸ばしやすく、使いやすい

・化粧ノリがよく、肌が潤う

 

悪い評判

・肌に合わず、ベタベタするだけ

・匂いが気になるのと、浸透性が悪い

・保湿専用の化粧水や乳液に比べて、潤いが足りない

 

肌との相性も大きく、悪い評判と良い評判で正反対の意見も少なくありません。

 

香りや匂いに関しては、キツイという人と僅かに甘さが香る程度と表現する人がいて、完全に個人差になります。

2-3-4.ユーグレナ オールインワンクリーム 2450円

やっぱり凄い!
乾燥肌や肌の粉吹きがひどい人や、その他化粧水などで保湿してもすぐに乾燥してしまう人をターゲットにしているオールインワンクリーム「ユーグレナ」

 

同じ会社から別商品で飲むタイプのユーグレナ(ミドリムシ)もありますが、これはユーグレナの効能をオールインワンクリームとして改良したものです。

 

オールインワン化粧品として、ハリツヤを取り戻す効果が期待できるのはもちろんですが、ユーグレナはとにかく「潤いの継続性」に重点を置いています。

 

乾燥肌のかゆみや肌の粉ふきにお悩みの方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

トライアルセットは通常の半額で購入でき、定期購入ではないので、気に入らなければ継続する必要もありません。

2-3-5.ユーグレナの評判・口コミ

発売されて間もないクリームタイプのユーグレナ。

新しい商品ということもあり、@コスメの抽選で当選してはじめて利用したという人が多いです。

 

当選の喜びから使い始めから数日で評価を出している人や、ひとまず1カ月使ってから評価している人など状況はさまざまですが、やはり保湿力において高い評価を集めています。

 

ただ発売されてまだ間もないため、1年間を通して効果があるのかは定かになっていません。

 

一方でべたつきや匂いが気になるという意見も少なからず存在しているため、夏場よりも冬場の乾燥肌によるかゆみや、肌の粉ふきに対して重宝しそうです。

いい評判

・他のオールインワンだと潤いがイマイチで他の化粧品と併用だったけど、ユーグレナなら1つで十分

・刺激を感じることもなくしっとりと仕上がる。手軽にスキンケアしたい人にオススメしたい

・オールインワン化粧品でも下地が必要になる商品が多い中、ユーグレナは本当にオールインワンでした。匂いに関しては個人差があると思います。

悪い評判

・冬場の乾燥肌にはいいと思うけど、夏場はべたつきが気になる

・使い心地は普通だけど、匂いが気になる

3.結論

乾燥肌のかゆみを真っ先に解決したい場合は、まず皮膚科の診断を受けて原因を明確にしましょう。そうすることで、オールインワンか特定の効能に特化した化粧品を使った方がいいのかはっきりします。

 

場合によっては市販や通販では入手できないスキンケア用品も処方してもらえるので、乾燥肌のかゆみがどうしても改善できない場合は、皮膚科に足を運んでみてください。

 

4.肌にかゆみを感じるその他の理由

肌にかゆみを感じる理由は乾燥肌だけに限りません。

乾燥肌もかゆみの原因の1つであるのは間違いありませんが、その他にも以下のような要因が考えられます。

 

・職場や家庭でのストレス

・刺激の強い香辛料

・発汗による水分不足

・サウナなど急に体を温める

・アルコールの摂取

・睡眠不足や部屋内のホコリ(ハウスダスト)

・下着などによる締め付け・圧迫

 

上記のようなことでも肌や身体に刺激を与え、炎症やかゆみの要因になる可能性があります。肌のかゆみは、症状が出てから早期の内に対策することが重要です。

 

5.まとめ

肌のかゆみは、必ずしも乾燥肌が原因であるとは限りません。

それらの原因を明確にするためにもまずは皮膚科を受診し、正しい対策でかゆみを改善していきましょう!