%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%82%a2

気温の低下と共に悪化する乾燥肌。

肌の表面が潤いをなくしカサカサし始め、酷くなると粉がふいたようになります。

 

肌の水分維持は、角質層の細胞間脂質80%・天然保湿因子(NMF)18%・皮脂2%によって行われています。

【化粧水で水分を与え、クリームや乳液で蓋をすることで水分保湿を行う】と言われていました。

しかし、それだけでは乾燥肌対策には十分ではありません。

 

水分維持が十分にできていない乾燥肌に、どのような保湿対策が有効になるでしょう。

22

肌の保湿力を守り育てる

肌自信が作り出す皮脂膜・細胞間脂質・天然保湿成分は、どんな美容液にも負けることがない素晴らしい保湿剤です。

乾燥肌に最も重要なのは、天然の保湿剤を守り育てる事なのです。

 

しかし、乾燥肌の人の多くは自らこの保湿剤に傷をつけ流しだしてしまうのです。

外部からの保湿を行う前に、洗顔の際の「こすり過ぎ」「洗い過ぎ」を防がなければなりません。

毎日の正しいスキンケア、肌を守り保湿しやすい環境を整える対策が大切なのです。

肌の回復を促す

223

どんなに健康な肌も、クレンジング・洗顔、入浴によって角質層にある細胞間脂質や天然保湿成分が流れ出ます。

 

毎日の生活習慣である洗顔・入浴が、肌にダメージを与えていたのです。

しかし実際には全ての人が、乾燥肌に悩んでいる訳ではありません。

そうならないのは、肌は睡眠中に細胞脂質や天然保湿成分の回復を行うからです。

 

しかし、保湿成分が回復するまでの肌は、非常に無防備でデリケートな状態です。

肌の保湿成分の回復期間を守り促すために応急処置としての保湿が必要となってきます。

 

 肌バリアのダメージを最小限に減らそう

 

まずは、クレンジングや洗顔方法が肌に悪影響を与えていないか?

正しいスキンケアで、毎日のダメージを減らしましょう。

 

こすらず落とすクレンジング方法

クレンジングに含まれる界面活性剤は、メイク汚れだけではなく保水成分も流します。

洗浄成分の弱いクレンジングを選んでも、メイクが落ちず強くこすってしまっては本末店頭です。

部分ごとに必要な洗浄力を持つクレンジングを使い、他の部分へのダメージを最小限にとどめる事が大切です。

 

・マスカラ部分 まつ毛のみ綿棒やコットンを利用

・下まぶたにコットン置いて洗浄成分から保護

・目元にワセリン・クリーム・オイルなどを塗り保護

 

洗顔ダメージを抑え・うるおいを守ろう

・洗顔料はシッカリ泡立てることで、肌への負担を減らしてください

・手で洗うのではなく、泡で洗ってください

・洗顔料はしっかりと洗い流すが、皮脂はすすぎ過ぎない

・冷たい水、熱いお湯は禁物

 

洗顔を気遣う事で、過度な肌ダメージを減らすことができるのです。

肌ダメージが少なければ、翌日までには肌の保水機能は十分に回復できるのです。

 肌バリアの機能を高める

乾燥肌の原因が加齢・アトピー性皮膚炎などのように回復力が不足している場合、外部から不足成分を補う必要性が出てきます。

 

不足成分を補う方法

乾燥肌の原因となるセラミド・アミノ酸など不足している成分そのものを補う方法。

不足成分であるセラミド・アミノ酸の生成力を高める方法。

 

この2つの方法により、不足成分を補う事ができます。

自分の肌に不足しているものを知り、どのように回復させるかによって化粧水や美容液の選択が変わってくるのです。

勘違いの保湿は、乾燥肌を悪化させる

225

乾燥肌に過剰な水分は禁物

乾燥肌は、荒れた皮脂膜から水分が逃げだす事が原因の一つですが、逃げた水分を肌に補えばよいと言う単純なものではありません。

 

長時間入浴することで、むくみの元である水分は汗とし外に出て皮膚は水分を吸います。

一石二鳥だとお考えの方はご注意下さい。

その皮膚の水分は、潤った状態とは全く違うのです。

 

お風呂の湯で濡れた肌は、ふやけた角質層により痛みやすくなるのです。

これにより角質層にある細胞間脂質や天然保湿成分が流出し、乾燥肌の原因となってしまうのです。

 

同様に水分補給のためにと化粧水やパックで水分をたっぷり肌に馴染ませる事で、乾燥肌を促す事もあります。

 

化粧水・パックを効果的に利用する場合

必要な保湿成分が含まれているか、保湿成分を生成する作用のあるものを利用しなければ意味がないのです。

オイルでフタをして水分を閉じ込める

肌から水分を逃がさないように、フタをするためにクリームを塗る際にも注意が必要です。

肌に馴染みやすいオイル成分は、量を間違う事で肌機能のバランスを崩す原因となります。

オイルは「植物性オイル」「動物性オイル」「鉱物性オイル」の3種類があります。

 

石油を原料とした「鉱物性オイル」は他の天然オイルに比べ安価なため、多くの化粧品に利用されています。

「鉱物性オイル」は人の肌との違いが大きいため、多量に使うことで皮脂バランスを崩す原因になりかねません。

 

また人の天然成分と似た「植物性オイル」「動物性オイル」はビタミン等も豊富です。

そのため、浸透力が強く肌に効果的と言われますが、酸化しやすく使い方を間違えると肌トラブルを招きます。

 

十分に取り扱い説明書を読み、自分の肌に合ったものを正しく使用することが大切です。

乾燥肌を隠すための化粧品は、肌をキケンに追い込む

乾燥した肌は、病気で免疫が低下している状態と同じなのです。

そのため、外部刺激や紫外線・ちり・ほこり等の異物にとても弱いです。

この異物には、化粧品も含みます。

 

荒れた肌を隠すために、化粧品を多量に使用することは、それだけ肌をキケンに晒していると言うことなのです。

化粧品はアレルギーや炎症の原因となり、時にはシミとなるのです。

 

肌が乾燥して荒れているからこそ、化粧品は控えめにするのが肌ケアにとって必要なのです。

まとめ

乾燥肌は加齢と共に回復力が落ちていきます。

日頃の積み重ねが肌にとって重要なのです。

そう言っても肌のお手入れのために毎日時間をとるのが難しくて無理と言う人もいるでしょう。

 

そんな時には「○×をしなければいけない」ではなく「○×はしなくてもいい」と言う引き算の考え方をしてみてはいかがでしょうか?